自分で自分の農産物を売るために必要な技

参照数: 392

「自分の農産物を売る」 農業者の誰もがやりたい。でもできない

 

それはそのための技を持っていないから。今回はその技について解説します

新型コロナウイルスによる世界情勢の変化は激しい。
おそらく、近日東京五輪も中止か延期の発表がされるであろう。

そうなると予測されるのが

不景気の波が一般市民に押し寄せてくることだ

30年前にバブル経済がはじけ、デフレ景気に突入した時と似ている。

だからこそ、今農業者は何を準備すべきか。

30年前にバブル経済が一瞬にして崩壊し、その後社会経済にどのよう影響を与えたのか?

そして農業界はどうなったのか?

そして農家だった私はどうなったのか。

歴史は繰り返す。だから過去を教訓にして

これから農業者がやらなければいけない事を

ブログと動画で解説しています。

結論を言えば

自分の農産物は自分で売るということ。

しかし、いきなり自分で売れって言われても困惑するだろう

なぜなら、今の農業者の9割近くが

農協もしくは卸売市場に依存しているからである。

自発的に農産物を青果業者(お客様)と取引しているのは

まだ少ない。

しかし、これから景気がが傾けば、

我々農業者の生産する農産物価格も当然低迷する。

低迷するだけでなく、過剰な分は流通しなくなると予測している

これはデフレ景気であった平成10年~20年ころがそうであって

青果業者や小売、量販店が必要な分しか仕入れなくなるからだ。

ではどうすればよいのか。

これが今回の内容です

ブログでご覧になりたい方は
コチラ
https://notera.co.jp/news/984/

動画でご覧になりたい方はコチラ

 
 
 
印刷