• 096-286-2374

お知らせ

News

第12回農ビジセミナー 農テラス感謝祭 たくさんのご参加ありがとぅございました(^^♪

先日の農ビジセミナーにはたくさんの方々にご参加頂き
誠に有難うございました。
 
おかげさまで今年の目標であった12回目の農ビジセミナーを開催することができました。
 
 
ということで今回は今年1年の農ビジセミナーを振りかえってみたいと思います
 
そもそも、農テラス主催の自主セミナーは今年1月から始めたもので、
最初は参加してくださる方がいるのだろうかとかなり心配していましたが、
毎回多くの方にご参加頂けることで何とか継続して実施することができました。
 
今回はそのお礼を込めて「農テラス感謝祭」ということで立食パーティ形式で行って
みました。
 
《感謝祭の様子はコチラ》
 
 
 
《農テラス感謝祭のご報告》
今回は6名の専門家の方に情報提供をしていただきました。
まずは新規農業者に栽培してほしいスーパーフード「モリンガ」
天草モリンガファームの四方田さんにご紹介いただきました。これから絶対注目される
機能性植物です。
 
つぎに、岩下農販の岩下さんに新規農業者への熱いメッセージとサポート体制について
ご紹介いただきました。私も以前より頼りにしている方で農業者目線の資材屋さんとして
県下に根強いファンを多く持つ方です。
 
次はプレデンシャル生命の和田さんから「相続」について最新情報を提供していただき
ました。絶対に必要な情報なのに、ついつい後回しにしてしまう相続の問題。
特に農業者は農地や家屋などの資産を抱えているので必ず知っておくべき情報でした。
 
次に経営コンサルタントの山本さんより10秒でわかる財務指標
経営指標の見方について。
農業者がついつい面倒くさがってしまう経営財務をめちゃくちゃわかりやすく簡単に
レクチャー頂きました。財務会計を難しく感じていたのが嘘のように会場の方が全員
「なるほどー」って納得するようなお話でした。
 
その次は人事について。全国でも急成長している人事コンサル会社「明日のチーム」より
八谷さんに人事評価の仕方についてアドバイスをいただきました。
農業も人を外部から雇い入れる時代。そこで気になるのが、ヒトの確保と人材育成。
これも農業者が苦手としているところです。
この人事評価という言葉自体農業者になじみのない言葉ですが、一人でも人を雇うならば
避けては通れないところです。
 
最後は、今一番通目されているマーケティングについて。
長年くまもと経済の記者を務めているマーケティングのプロでありライティングの
プロの徳山さんから直接教えていただくマーケティング手法は皆が知っているようで
実は気が付いていない大事な話ばかり。これを知らずに商売も農業もできないのでは?
ってくらい誰もが納得の貴重な情報を教えていただきました。
 
いやー、どれもこれも10分そこらでお話していただきましたが、もっと聞きたい、
もっと教えてほしいって内容で3時間が過ぎても誰も帰ろうとはしないくらいの
盛り上がりでした。
 
《今回の農ビジセミナーのまとめ》
◆最新おススメ栽培品目
◆最新の肥料資材情報
◆知らないとトラブルになる相続の話
◆10秒でわかるおカネが貯まる財務指標の見方
◆全国トップ企業が採用している人評価の仕方
◆これからのトレンドになる農業マーケティングの話

くまもと農業アカデミーにて講義(農業経営者育成講座)

令和元年くまもと農業アカデミーにて講義を実施

対象は県南で新規農業した方々と地元の高校生。

今回の講義の内容は

多様化する農業で

 

「あなたがやりたい農業はどれか?」

やりたい農業が決まれば、明日からやるべきことが決まる!

という内容です。

 

農業のやり方には5つあります

1、企業型農業

2、大規模農業

3、スイミー農業

4、スマート農業

5、小規模農業

 

詳しくはyoutubeをご覧ください

 

 

 

 

熊本農業大学校にて「アグリビジネス講座」を開催

母校である、農業大学校にてアグリビジネス講座を開催

1,2年生総勢100名に大講堂で講義を行いました。

 

いやー、学生は若いから、100名も揃うとパワーが凄い!

こっちも負けられないからパワーで講義しましたよ。

 

内容は、

「しくじり先生から学ぶ農大卒業した後後悔しないための講座」

 

私の経験上、農大を卒業した後、社会に出ると

「お前農大出てるから知ってるだろ?」って言うレッテルを張られるんです

 

で、聞かれたことが分かんないと、

 

「なんだよ、農だ出てるくせにこんなことも知らないのかよ」って

言われちゃうんです。

 

だから、農大にいる2年間はしっかりと勉強したほうがいいよって

話をしたんです。

 

けっこう学生には響いたようで

特に、2年生はもうすぐ卒業でしょ!

 

今更、がんばれって・・・

あーあ、もう少し勉強しとけばよかった・・・なんて

 

でも大丈夫、これから勉強すればいいんだよって

私もそうだったから・・・・

 

なんて話をがっつりさせていただきました。

 

講義の様子は許可を得てyoutubeに挙げています。

よろしかったらこちらもご覧ください

 

2030年までに農業はこう変わる! 農業と新農業の違い!

 

新規農業者のバイブルとなった

「稼げる!新農業ビジネスの始め方」の著者が語る

2030年までに農業がどう変わるのかを解説した貴重な動画である。

今、日本の農業で何が起きているのか?

知らなかったでは時代に取り残される!

 

農業に関わる人すべてに送る農業未来予測

 

信じられないかもしれないが、既に変化を起きている!

詳しくはコチラ

 

農テラスチャンネル更新中! 価格が低迷するトマト農家の苦悩を解決します

トマト農家が相談にやってきた
 
ここ数年トマトの市場価格は暴落し、トマト産地は悲鳴を上げています。
そんな中、ある生産者が助けを求めて農テラスを訪ねてこられました。
 
この生産者はトマト栽培25年以上のベテラン農家。
これまで順調に規模拡張を行い、従業員も外国人技能実習生を含み
4名の農業生産法人である。
 
ただ、出荷先はすべて県内の卸売市場。
社長の悩みは
 
この相場低迷期を脱するにはどうすればよいか?であった。
 
対策として考えてこられたのは二つ
ひとつは先進技術を取り入れて反収を上げるというモノ
もう一つは市場取引だけではなく相対取引を始めたいということだった。
 
 
 
 
社長! 
むやみに高く売ろうとしたり、むやみに規模拡張しようとすると地獄に落ちますよ
続きは動画でご覧ください
 

Publish modules to the "offcanvas" position.