• 096-286-2374

卒業後、そのまま親元就農して農協、市場としか取引したことない農家の場合

いつもご覧いただきありがとうございます。
農業パーソナルトレーナーの山下弘幸です。
 
今回はのテーマは「トマト農家が相談にやってきた」です。
 
 
ここ数年トマトの市場価格は暴落し、トマト産地は悲鳴を上げています。
そんな中、ある生産者が助けを求めて農テラスを訪ねてこられました。
 
この生産者はトマト栽培25年以上のベテラン農家。
これまで順調に規模拡張を行い、従業員も外国人技能実習生を含み
4名の農業生産法人である。
 
ただ、出荷先はすべて県内の卸売市場。
社長の悩みは
 
この相場低迷期を脱するにはどうすればよいか?であった。
 
対策として考えてこられたのは二つ
ひとつは先進技術を取り入れて反収を上げるというモノ
もう一つは市場取引だけではなく相対取引を始めたいということだった。
 
これまで市場卸1本でやってこられた農家さんが
初めて契約栽培に挑戦しようとされています。
 
山下:
社長さん。まず、今は10月ですので契約取引は来年からになりますね。
 
社長:
え。そうなんですか?
 
山下:
契約栽培は先物取引と似ていて
種を撒く前にほぼほぼ決まります。例えば九州のトマトなどは
7月ごろには契約栽培で出荷する量が決まっていますね。
 
相手も企業ですから冬の売り上げ計画とか事業計画を半年前には
出さなきゃいけないから
早め早めに動かれているんです。
 
今日トマトができました。買ってくださいって言うわけにはいかないんです。
 
他にも、代金決済の手続きもしなければいけません。
これまで市場には野菜を出荷すれば数日後には換金してくれる
払い戻し窓口があってそこでおカネを貰えたんですが、
相対取引では締め支払い日を決めて、納品書に照らし合わせて
請求書を発行する手続きが必要になります。
 
更に受発注の仕組みも必要ですね。
 
社長さんはメールとかされますか?
 
 
社長:
いや・・・・
 
情報のやり取りができなければ契約栽培も相対取引も
難しデスよ。
 
意外と契約栽培って情報取引だったりするんです。
 
今の若い世代は最初からそう言う世界に至り、農業をする前に
企業に勤めていたりして
一般的な社会の仕組み、ビジネスの仕組みを知っているんですが、
 
メールができない、
商取引のやり方がわからない
商談の仕方がわからないでは
 
かなり難しいかもしれませんね。
 
農協や市場としか付き合いのない農家さんは
かなりハードルの高いモノと感じられるかもしれないですね。
 
ですから、べーそのような農家さんは
これまで通り、市場流通をべースに取引を続けるべきだと思います。
 
年間を通じて平均単価を割り出し損益分岐点を出すんです。
 
そして経費をその損益分岐を下回る用意する。
 
これでしっかりと利益を確保していきましょう
 
 
この動画をご覧になりたい方はコチラ
 
---------------------------------------------------------------------
 
只今、メールにて【農業なんでも相談実施中!】
 
あなたの悩みをお聞かせください!
 
こちらからどうぞ
 
https://notera.co.jp/contact/
 
 
回答に少しお時間いただきますが、必ず
ご返答させていただきます!
 
---------------------------------------------------------------------
 
【山下弘幸プロフィール】
 
 
https://drive.google.com/file/d/14fXAndWHIsvojJLG_lhzU9ET_l8jAibR/view?usp=sharing
 
---------------------------------------------------------------------
農業人生を変えたい!って人のための
メルマガ配信中!
 
農業で成功するには?
その他大勢の農業者から抜きんでるにはどうすればよいか
 
稼げる農業ビジネスの4つのポイントについてお伝えいたします!
 
【メルマガ登録フォーム】
https://notera-seminar.com/mz.html
 
 
「農ビジメール講座」のご案内
メルマガ会員(無料)にご登録いただくと
 
農業ビジネススクールの講座から
農業経営に役立つポイントを定期的にお届けいたします。
 
【ご登録はコチラ】
https://notera-seminar.com/mz.html
 
 

日本の農家の8割もいる儲からない農家の原因を解説しています

 
いつもご覧いただきありがとうございます。
農業パーソナルトレーナーの山下弘幸です。
 
今回はのテーマは「トマト農家が相談にやってきた」です。
 
 
 
 
ここ数年トマトの市場価格は暴落し、トマト産地は悲鳴を上げています。
そんな中、ある生産者が助けを求めて農テラスを訪ねてこられました。
 
この生産者はトマト栽培25年以上のベテラン農家。
これまで順調に規模拡張を行い、従業員も外国人技能実習生を含み
4名の農業生産法人である。
 
ただ、出荷先はすべて県内の卸売市場。
社長の悩みは
 
この相場低迷期を脱するにはどうすればよいか?であった。
 
対策として考えてこられたのは二つ
ひとつは先進技術を取り入れて反収を上げるというモノ
もう一つは市場取引だけではなく相対取引を始めたいということだった。
 
日本の農家の8割もいる儲からない農家を解説します。
主に3つあります
 
1、我が都合だけで商売しようとしている
2、高く売ろうとしている
3、よろしくお願いしますが言えない
 
1、我が都合だけで商売しようとしている
皆さん自分の都合は大事です。しかし、相手にも都合はあります。
仲卸さんも小売の都合に合わせて仕事をしています。
ですから小売の示した値段でなければ仕入れれることはできないんです
また、小売りにも都合があります。高い野菜ばかりおいていると
客足がとうのいてしまいます。
ですからリーズナブルに仕入れて末端のお客さんに売りたいんです。
2、高く売ろうとしている
皆さんも何かしら高く売りつけられようとしたらいやですよね
誰でも高く売りつけられるのは嫌なんです。
でも農家は高く売りたがっています。
だから嫌われちゃうんです。
嫌われたら商売なんてできません。
3、よろしくお願いします。が言えない。
農家は作るのはプロですが売るのは苦手です。
ですから売るのはプロにお任せしなければいけません。
そこで売ってくれる人に
宜しくお願いしますって言わなきゃいけないんです。
にもかかわらず、売ってくれて当たり前、高く売ってこないのは
売るやつが無能だからって
売って下さる方に罵声を浴びせるような態度と取っていると
いつの日か、相手にしてもらえなくなります。
 
宜しくお願い致します。ってお願いして
売ってもらう。
 
これからは
売っていただいている人に感謝しましょう。
 
この動画をご覧になりたい方はコチラ
 
 
---------------------------------------------------------------------
 
只今、メールにて【農業なんでも相談実施中!】
 
あなたの悩みをお聞かせください!
 
こちらからどうぞ
 
https://notera.co.jp/contact/
 
 
回答に少しお時間いただきますが、必ず
ご返答させていただきます!
 
---------------------------------------------------------------------
 
【山下弘幸プロフィール】
 
 
https://drive.google.com/file/d/14fXAndWHIsvojJLG_lhzU9ET_l8jAibR/view?usp=sharing
 
---------------------------------------------------------------------
農業人生を変えたい!って人のための
メルマガ配信中!
 
農業で成功するには?
その他大勢の農業者から抜きんでるにはどうすればよいか
 
稼げる農業ビジネスの4つのポイントについてお伝えいたします!
 
【メルマガ登録フォーム】
https://notera-seminar.com/mz.html
 
 
「農ビジメール講座」のご案内
メルマガ会員(無料)にご登録いただくと
 
農業ビジネススクールの講座から
農業経営に役立つポイントを定期的にお届けいたします。
 
【ご登録はコチラ】
https://notera-seminar.com/mz.html
 
 
 
 

まだ、いいモノ作れば高く売れる神話を信じているんですか?

いつもご覧いただきありがとうございます。
農業パーソナルトレーナーの山下弘幸です。
 
今回はのテーマは「トマト農家が相談にやってきた」です。
 
 
ここ数年トマトの市場価格は暴落し、トマト産地は悲鳴を上げています。
そんな中、ある生産者が助けを求めて農テラスを訪ねてこられました。
 
 
 
 
ここ数年トマトの市場価格は暴落し、トマト産地は悲鳴を上げています。
そんな中、ある生産者が助けを求めて農テラスを訪ねてこられました。
 
この生産者はトマト栽培25年以上のベテラン農家。
これまで順調に規模拡張を行い、従業員も外国人技能実習生を含み
4名の農業生産法人である。
 
ただ、出荷先はすべて県内の卸売市場。
社長の悩みは
 
この相場低迷期を脱するにはどうすればよいか?であった。
 
対策として考えてこられたのは二つ
ひとつは先進技術を取り入れて反収を上げるというモノ
もう一つは市場取引だけではなく相対取引を始めたいということだった。
 
社長:
山下さん、トマトの値段が下がって大変なんです。
何とか高く売れる方法はいですかね。
 
山下:
何か今考えていらっしゃるんですか?
 
社長:
規模拡大とかオランダ式の栽培法と取り入れたりとか、オランダから反収の上がる
品種を取り入れたりとか・・・・
 
山下:
社長、そもそも農産物が高く売れる理由はご存知ですか?
 
例えば、天気が良くて、生育が順調な時に出来たトマトと
天候不順で色づきが悪くて糖度が乗らないトマトでは
 
市場価格はどっちが高いですか?
 
社長:
生育が順調なトマトの方が高いでしょう?
 
山下:
それは同じタイミングで比較すればそうですが、
天気が悪い時って我が家だけでなく、産地全体が不作なんです。
そうなると全体量が減って相場は上がりますよね。
 
逆に好天が続いて
産地全体が良作だったら豊作となって市場価格は暴落するんです
 
つまり良いモノができたからってそれが高単価に直結するって言いうのは
ちょっとおかしいんです。
 
世間ではいいモノ作れば売れるって
ずーっと昔から言ってますけど、
 
私も農家だからわかるんですが、
 
ずーっと昔からいいモノ作っていますけど!って
反論したくなっちゃいます。
 
いいモノ作れば売れるんだったら
今もめっちゃいいモノ出来てますよ。
出来て出来て出来すぎてるから市場価格場暴落してるんでしょう?
 
ってことは
いいモノ作れば売れるけどいいモノ出来すぎれば暴落するってことなんです。
 
仮に、天候不順の時でもいいモノ、品質の高いモノができれば
それはそれで高く売れるでしょう。それが付加価値であり、技術なんです。
 
しかし、日照不足などどうしようない時は植物は育たない。
これは原理原則。
だから、天候不順で日照不足になると全体量が減って
光合成していない美味しくないトマトしか出来なくなるんです。
そしてそのトマトの価格は高騰する。
 
これが農産物の価格は需要と供給のバランスで決まるってことなんです。
いいモノか否かで農産物の値段が決まるってことはあり得ないんです。
 
また、たまたま他産地に台風が来たとかで
被害にあっていない産地のトマトが高騰したりします。
 
これって「漁夫の利」であっていいモノ作ったからが要因で価格が上がったのでは
無いことくらいわかりますよね。
 
早く、このいいモノ作れば高く売れる神話の世界から
抜け出さないと一生苦労しますよう。
 
農業で成功するには全く違う仕組みがあることに早く気が付いてください
 
 
この動画をご覧になりたい方はコチラ
---------------------------------------------------------------------
 
只今、メールにて【農業なんでも相談実施中!】
 
あなたの悩みをお聞かせください!
 
こちらからどうぞ
 
https://notera.co.jp/contact/
 
 
回答に少しお時間いただきますが、必ず
ご返答させていただきます!
 
---------------------------------------------------------------------
 
【山下弘幸プロフィール】
 
 
https://drive.google.com/file/d/14fXAndWHIsvojJLG_lhzU9ET_l8jAibR/view?usp=sharing
 
---------------------------------------------------------------------
農業人生を変えたい!って人のための
メルマガ配信中!
 
農業で成功するには?
その他大勢の農業者から抜きんでるにはどうすればよいか
 
稼げる農業ビジネスの4つのポイントについてお伝えいたします!
 
【メルマガ登録フォーム】
https://notera-seminar.com/mz.html
 
 
「農ビジメール講座」のご案内
メルマガ会員(無料)にご登録いただくと
 
農業ビジネススクールの講座から
農業経営に役立つポイントを定期的にお届けいたします。
 
【ご登録はコチラ】
https://notera-seminar.com/mz.html
 

これからの農産物は高く売ろうとしてはいけない本当の理由

 
いつもご覧いただきありがとうございます。
農業パーソナルトレーナーの山下弘幸です。
 
今回はのテーマは「トマト農家が相談にやってきた」です。
 
 
ここ数年トマトの市場価格は暴落し、トマト産地は悲鳴を上げています。
そんな中、ある生産者が助けを求めて農テラスを訪ねてこられました。
 
この生産者はトマト栽培25年以上のベテラン農家。
これまで順調に規模拡張を行い、従業員も外国人技能実習生を含み
4名の農業生産法人である。
 
ただ、出荷先はすべて県内の卸売市場。
社長の悩みは
 
この相場低迷期を脱するにはどうすればよいか?であった。
 
対策として考えてこられたのは二つ
ひとつは先進技術を取り入れて反収を上げるというモノ
もう一つは市場取引だけではなく相対取引を始めたいということだった。
 
山下:
㎏単価×数量=売上 売上ー経費=利益ですから
㎏単価300円×1000㎏=30万が売り上げですよね
 
売上30万から経費29万の時の利益は1万円になります。
 
そこで農家は単価を上げるかもしくはキープしたままで計算したがります。
また、数量(収量)も1000㎏取れること前提で計算しちゃうんです。
 
で、そのまま経費は29万使っちゃう。
 
でももし、
㎏単価が200円で収量(数量)が800㎏だったら売上は16万になっちゃうんです。
 
売上16万から経費29万を引くと・・・マイナス13万になってしまいます。
 
ところが、最初っから売上16万になることを予測して経費を15万で抑えていた農家は
その時でも1万円の利益を得ることができるんです。
 
これが稼げる農業の経営法なんです。
 
それでも何とか高く売りたいって頑張っている農家さんもいらっしゃいますが、
仮に㎏300円で卸したトマトは末端(店頭)価格では㎏800円ぐらいになっちゃいます。
一方、㎏200円で卸したトマトは末端(店頭)価格で㎏500円程度で販売されます。
 
末端のお客様はどちらを買うでしょうか?
 
よほどの付加価値がついていない限り安い方を買いますよね。
 
ということは値段高くして売ろうとしても
末端のお客様が買ってくれなければモノは流通しない、
 
つまりおカネは流れないので結果的に
 
農家にもおカネは流れてこないんです。
 
決して安売りしろって話ではなく、高く売ろうとしても
末端のお客様が買ってくれなければ意味がないということなんです。
 
ではなぜ?末端のお客様は高く買ってくれないのでしょうか?
 
理由はいくつかあると思いますが、トマトがそんなに珍しくないってことが
第一の要因です。
 
簡単に言えば増えすぎたってことです。
 
どこのスーパーに行ってもトマトは山のように積んであります。
 
ある程度需要に対しての供給量が落ち着かないと(減らないと)この
トマト価格低迷はもう少し続くような気がしています。
 
この内容の動画をご覧になりたい方は
こちからどうぞ
 
 
---------------------------------------------------------------------
 
只今、メールにて【農業なんでも相談実施中!】
 
あなたの悩みをお聞かせください!
 
こちらからどうぞ
 
https://notera.co.jp/contact/
 
 
回答に少しお時間いただきますが、必ず
ご返答させていただきます!
 
---------------------------------------------------------------------
 
【山下弘幸プロフィール】
 
 
https://drive.google.com/file/d/14fXAndWHIsvojJLG_lhzU9ET_l8jAibR/view?usp=sharing
 
---------------------------------------------------------------------
農業人生を変えたい!って人のための
メルマガ配信中!
 
農業で成功するには?
その他大勢の農業者から抜きんでるにはどうすればよいか
 
稼げる農業ビジネスの4つのポイントについてお伝えいたします!
 
【メルマガ登録フォーム】
https://notera-seminar.com/mz.html
 
 
「農ビジメール講座」のご案内
メルマガ会員(無料)にご登録いただくと
 
農業ビジネススクールの講座から
農業経営に役立つポイントを定期的にお届けいたします。
 
【ご登録はコチラ】
https://notera-seminar.com/mz.html
 
 
 

これから生き残る生産者は蓄えているところか、経費を下げているところ

いつもご覧いただきありがとうございます。
農業パーソナルトレーナーの山下弘幸です。
 
今回はのテーマは「トマト農家が相談にやってきた」です。
 
 
ここ数年トマトの市場価格は暴落し、トマト産地は悲鳴を上げています。
そんな中、ある生産者が助けを求めて農テラスを訪ねてこられました。
 
この生産者はトマト栽培25年以上のベテラン農家。
これまで順調に規模拡張を行い、従業員も外国人技能実習生を含み
4名の農業生産法人である。
 
ただ、出荷先はすべて県内の卸売市場。
社長の悩みは
 
この相場低迷期を脱するにはどうすればよいか?であった。
 
対策として考えてこられたのは二つ
ひとつは先進技術を取り入れて反収を上げるというモノ
もう一つは市場取引だけではなく相対取引を始めたいということだった。
 
 
山下:
最近契約栽培で売上を伸ばしているところが多いですよね。
特にレタスなんかはものすごい勢いで伸びましたよね。
それって、レタスは業務用が伸びたんです。
 
社長がやっているトマトはまだ青果用の取引が多いから
契約栽培ってなると青果用と加工業務用ではかなり取引価格が
変わるんじゃないでしょか。
だから、いまは慎重に検討された方が良いと思います。
また、最近は生鮮野菜の輸入も増えてきましたよね。
外食やカット野菜に使わている野菜なんかそうですよね。
 
これらは末端価格が決まっている商品ばかりです。
 
スーパーマーケットに並んでいる野菜と違って
店頭価格や店内でのメニューの価格は同じですよね。
 
つまり、これらの業者に納品する生産者はそれなりの値段で
卸しているってことなんです。
 
でも、台風、長雨、寒波などで産地で野菜が育たなかったりした場合は
どうなるでしょか?
 
材料がありませんってわけにはいきませんので
これら業者はすぐに韓国はベトナムから輸入して補てんします。
青果業者だって自分たちが生き残るために安定を求めちゃうんです。
 
相場に振り回されているのは農家ばかりではありません。
青果業界も生き残りに必死なんです。だって、欠品すれば
その業者は潰れちゃいますからね。
 
そして、3年前の冬列島を襲った寒波によって
大量の野菜が輸入され、その時の不安から毎年諸外国から輸入を決行しています
 
ちょっと寒波襲ったら野菜が安定的に手に入らない。
そのくらいなら早めに安定的に材料確保したいってことで
輸入が増えているんです。
 
これを知ってか知らずか、あの時の高騰した価格が
忘れられられずに
むやみに設備投資したところが悲劇を生んでいますよね
 
これからこのような悲劇は各地で起こるでしょう。
 
だから今やるべきことは
来るべき(もうすでに来ているんですが)価格低迷に備えて
蓄えるか、経費を下げるかしか方法はないんです
 
この内容の動画をご覧になりたい方は
こちからどうぞ
 
 
 
---------------------------------------------------------------------
 
只今、メールにて【農業なんでも相談実施中!】
 
あなたの悩みをお聞かせください!
 
こちらからどうぞ
 
https://notera.co.jp/contact/
 
 
回答に少しお時間いただきますが、必ず
ご返答させていただきます!
 
---------------------------------------------------------------------
 
【山下弘幸プロフィール】
 
 
https://drive.google.com/file/d/14fXAndWHIsvojJLG_lhzU9ET_l8jAibR/view?usp=sharing
 
---------------------------------------------------------------------
農業人生を変えたい!って人のための
メルマガ配信中!
 
農業で成功するには?
その他大勢の農業者から抜きんでるにはどうすればよいか
 
稼げる農業ビジネスの4つのポイントについてお伝えいたします!
 
【メルマガ登録フォーム】
https://notera-seminar.com/mz.html
 
 
「農ビジメール講座」のご案内
メルマガ会員(無料)にご登録いただくと
 
農業ビジネススクールの講座から
農業経営に役立つポイントを定期的にお届けいたします。
 
【ご登録はコチラ】
https://notera-seminar.com/mz.html
 
 

Publish modules to the "offcanvas" position.